地図・建物・街・祭 のイラストとデザイン

旅好き自転車好きのインテリアデザイナーから始まり、20年と少し経てこういう形に流れ着きました。
一つの場に大勢の人が集う様子を描く、自称「マンダラマップ」はディズニーランドの園内マップにミッキーたちとキャストのみなさんとお客さんを描き加えたようなものです。
マンダラマップでは絵に描かれるみんながキャストとなり、役割をポースと表情で表現します。それが何十何百と集合してその場の魅力や意味を伝えます。1枚の絵ですべてを伝えるもので、ホームページや動画とはまた違うわかりやすさがあると思っています。
学校やオフィスの募集案内、工場見学の案内、取り壊しや移転の前の資料、一般では入れない施設の紹介などでご検討ください。
【作業工程】
1,取材(半日〜1日)
図面はできれば事前に頂いておきます。CADデータがあると助かりますが、データも紙の図面すらない場合も対応いたします。
写真を撮ったり寸法を測ったりなど時間がかかりますので、許可を頂ければ運営を妨げないようこちらだけで気をつけて進めます。担当の方の都合の良い時間に使用する用途や目的、表現したいことなどについてヒアリングをさせて頂きます。
規模によっては数ヶ月かかることもありますので、スケジュールと予算もここで打ち合わせいたします。
2,建物作図、構成案作成(1週間〜 規模に応じて)
図面から正確に3Dで建物を起こし、配置やデザインの案をつくります。
3,打ち合わせ
背景の建物が出来るとイメージがしやすくなります。仕上がりの大きさ、書き入れる活動の内容、色合いのイメージなど具体的な内容について話し合います。
4,仕上げ(1週間〜 規模に応じて)
途中に経過を数度やり取りし、すり合わせをしながら進めます。
描き入れる人物は問題がなければ似顔絵にさせていだきます。
データはパスデータで作成しますので、配置変えや移動の際には更新することも可能です。

masaeisato

ツール・ド・デザイン 代表 佐藤昌栄(さとうまさえい)

tourdedesign@gmail.com

090-2885-4138