MAP

のんびり見てたら良い時間になり、さらに強い向かい風。明るいうちにテントを貼るため息子と自転車と犬を積み先を急ぐ。
15:15 集合写真がなかなか撮れないので優しそうな人にすれ違う時にお願いする。今回迷ったのが服装。激しいサイクリングをするわけでもないし、キャンプしたり電車にのったりもするので、普段着のままにした。それで良かったと思う。このセットで走るのにサイクリングジャージではおかしい。

15:15 集合写真がなかなか撮れないので優しそうな人にすれ違う時にお願いする。今回迷ったのが服装。激しいサイクリングをするわけでもないし、キャンプしたり電車にのったりもするので、普段着のままにした。それで良かったと思う。このセットで走るのにサイクリングジャージではおかしい。

食事を調達しようと思っていた能生の道の駅はごった返していてすぐに出て地元のスーパーに向った。せっかくなので魚を食べたいところなのだが不衛生な屋外で生もの、しかも息子もいるのでここは無理せず焼きそばとウィンナーに。今回のもう一つ心残りはあまり夜の食事がいまいちだったこと。二人ともお腹を壊すこと無く帰ってきたのでそれが一番なんだけど。
予定してた能生海水浴場に何とか明るいうちに到着。だが整備されすぎていて昨日の浜ととさっきの浜に比べると雰囲気がいまひとつ。とはいえこれから移動も難しいのでテントの場所を探す。管理人さんはもう帰っていたのでどこにテントを張っていいかわからず、とりあえずは眺めの良いところに、と始めたら風が強くて全然うまくいかない。仕方なく橋の下の穴ぐらのようなところに移動したらどうにか明るいうちに張ることが出来た。子供が一緒の時はあまりこだわらない、贅沢を言わないのが大事だと思う。
17:00 到着。こどもの日が近いということで鯉のぼりが。これだけ元気に泳いでる時点で風が強いことを気付くべきだった。

17:00 到着。こどもの日が近いということで鯉のぼりが。これだけ元気に泳いでる時点で風が強いことを気付くべきだった。

17:50 テントも張り、食事のセッティングも。場所がいまいちで明るいうちはホームレスみたいだった。

17:50 テントも張り、食事のセッティングも。場所がいまいちで明るいうちはホームレスみたいだった。

 

ここで一つ困ったのは整備されすぎていて流木が全然落ちてないこと。もちろん燃料は持ってないのでどうしたものか。
ちょっと離れたところでバーベキューをしていた若いグループが炭をどう捨てるか話し合っている。コントのような都合の良い展開で、息子と一緒に話しかけると向こうも本当に困っていて快く提供してもらえた。長野から来たさわやかな男女の大学生グループで、私一人で話しかけたら引かれそうだが、こういうときに子供がいるととても助かる。その後もお姉さんにかまってもらえたので、その間に食事の準備などが進んだ。こういうチームワークが色々と上手く行ったのも今回の旅で面白かったこと。昔のロードムービーとかで親子でヒッチハイクしたり泥棒したりするやつみたいで楽しかった。子供がいるからと慎重に何でもかんでも準備するより、何か足りないとか現地でどうにか手に入れるほうが面白いのかもしれない。
18:10 やきそば完成。手頃なダンボールが机になり、更にホームレス化。

18:10 やきそば完成。手頃なダンボールが机になり、更にホームレス化。

18:30 自撮りしようとしたらテンションが高まり、首をしめる。

18:30 自撮りしようとしたらテンションが高まり、首をしめる。

 

実は家を出てからみんなずっと同じ服を着ている。さらに言うならお風呂に入ってない。そして明日家に着くまで入れる見込みはない。
行く前に色々プランを練るときにどこで風呂に入るかだけが解決しなかった。ずっとキャンプとはいえ、道中日帰り風呂はいくつかあって入れないわけではないが、犬を連れている。犬が入れる風呂はないだろうし、犬を外に待たせて風呂に入るのはちょっと不安。食事や買物だけならちょいちょい見に行けるので何とかなるのだが、風呂となると時間もかかるし、さらに息子がテンションあがってなかなか出たがらない。色々考えると子供と犬を連れてのサイクリングでは宿を決めるのと風呂に入るのはかなり難しい。逆に良い方に考えればそれさえ諦めればその旅が出来ると言うわけだ。幸いそれほど暑くも寒くもない良い季節だったので潔く諦めた。着替えはやろうと思えば出来たんだけど、テントが小さく面倒でずっと同じ服で二人とも帰宅まで突き通した。そういうわけで写真はずっと同じ服を着ているが日帰りではない。
6:00 やはり疲れてるのかどんなに明るくても声をかけても犬になめられても起きない。

6:00 やはり疲れてるのかどんなに明るくても声をかけても犬になめられても起きない。

19:30 もうビーチには誰もいない。思う存分に約束の花火を。

19:30 もうビーチには誰もいない。思う存分に約束の花火を。